いる・で・ぱん ile des pins


ぬくぬくした日々のこと baby待ちのことなど by.chicory(チコリ)
by chicory_99
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:book( 1 )


育児書

妊娠初期は、妊娠・出産にまつわる本を読みあさってましたが、

後期に入って育児書を読むようになりました。

きっと産まれてからはゆっくり読めないもんね。

最近読んだ本で驚きだったのが「母子密着と育児障害」です。

この本は、今まで読んだ育児書の逆?というのか、否定的というのか・・・

私はつい最近まで児童学を学んでたので、ちょっとばかし知識があったのですが、

それらを思いっきり否定してる!

たとえば・・・「添い寝は良くない」 「抱きすぎがよくない」 「母親とい過ぎてよくない」 などなど。

けっきょく、作者が言いたいのは・・・

現代の育児は、核家族化が進む中で、母と子だけで過ごす時間が多く(専業主婦で)、母子の密着度が

高い。そのために、子供の要求全てに母が答えてあげて、子供のすべてを母が先回りしてしてあげてしまう

ことで子供の自立心や好奇心を母が奪ってしまう。

そのため、「やる気のない」「無気力・無関心な」子供が育ってしまう。

ってことを言ってます。

現代の社会に置き換えて見てみると、なるほど。たしかに。と思えることもあって。

ちょっと角度を変えて見てみようかなという気にさせられた本でした。

子供を育てるって難しいこと。

親の育て方ひとつで子供の性格・人生を左右してしまうぐらい親の影響って大きいもの。

望んで望んでやっと出来た子だから、いっぱい可愛がってあげたいけど、ただ可愛がるだけじゃ

だめですものね。

知識だけ詰め込んでもよくないけど、何も知らないより知った上で自分の判断で考えていきたいもの。

お勉強お勉強です♪
[PR]

by chicory_99 | 2009-03-08 16:55 | book